ほんとにあった!呪いのビデオ41レビュー

評価:★★★★★★★☆☆☆
人に直接害をなす霊が登場する危険回。
インパクトは過去イチだが、雑なのも多い。

 

 

 

クラシックバレエ
   恐怖度:★★★★
 インパクト:★★★★★
分かりやすさ:★★★★★
  不気味さ:★★★★★
 エピソード:★★★
とある病院の廃墟で拾ったとされる映像。
女性が稽古場でカメラを設置し、クラシックバレエの練習を記録している。
すると突然停電になり、音楽と明かりが消え真っ暗になる!
電気が復旧し音楽と明かりがつくと、不安そうにしている女性の背後にもう1人の女が近づいてくる!!
しかもこの女は同じ服装をしており、鏡にしか映っていない。
再び停電になり、今度はお経のような声と女性の悲鳴が鳴り響き、突然女性の声が聞こえなくなる!!!
映像はここで途切れていた・・・

 

1本目からとんでもないのを持ってきたな。
声が止まったところで映像は終わっているけど、おそらく女性は霊に連れ去られたのだろう。
悲鳴が○○○声にしか聞こえないのと、お経がわざとらしいとは思うが、それを考慮してもここまで直接的に人を襲う霊は今までになく、インパクトはSpecial5の「疾走!」に並ぶ。
ちなみに、大音量での視聴は注意したほうがいい。AV見てると勘違いされたから(笑)

 

 

 

ひとりかくれんぼ
   恐怖度:★★
 インパクト:★★★
分かりやすさ:★★★
  不気味さ:★★
 エピソード:★★
ひとりかくれんぼという、ネット発の降霊術を行っている映像。
カメラをベッドの上に置き、テレビの砂嵐を撮影している。
すると、カメラが勝手に傾き、撮影者が戻ってくるとブラウン管に人影のようなものが映る。
この時、ひとりかくれんぼの儀式を終えた直後だったようだ。
不気味ではあるが、事象としては弱いかな。

 

当時はインタビューまでしていたが、その後連絡がつかなくなったことと事象が弱いことで、採用を見送り続けていた。
しかし、約1年後に別の投稿者から同じビデオが投稿されてきた。
という訳でインタビューすると、空き部屋の清掃をしていて、トイレのタンクの中にビニールテープとガムテープで何重にも巻かれていたという。
また、その部屋は家具などが残ったままであり、失踪か死んだのではないかとのこと。

 

という訳でその映像。
人影が映るところまでは一緒だが、映像がもう少し続いている。
ブラウン管には再び横切る人影が映っており、カメラに手を伸ばす撮影者の股下に、手を招くような男が映っていた。
おそらくこれが本物で、最初の投稿映像はちょっと短く編集したのだろう。
撮影者の行方は未だに分かっていない。

 

これも萎えるタイプの手品系だな。
股下にだけ都合よく現れるな。
最初のインタビュー中に霊と思われる声が混じっているのは良かったんだけどな。

 

そういえば、ひとりかくれんぼって砂嵐が必要だったね。
ここ10年ぐらい、ほん呪でしか見たことないわ。
地デジ、液晶テレビ化した現在ではできない降霊術かも。

 

 

 

<霊域>
   恐怖度:★
 インパクト:★★
分かりやすさ:★★
  不気味さ:★★
 エピソード:★★
サークルの合宿で撮影した映像。
ハリセンしばき大会?をしていると、奥の壁に白い人形が現れ横切っていく。
また、直後にカメラを右に振ると、テーブルの下に真っ赤な手が映っている。
投稿者が知り合いの霊能力者(寺生まれのTさんかよ!)に見せると、合宿所はこの世とあの世の接点となる霊域だという。
また、夜に不気味な鳴き声を聞いたサークルメンバーが続出したとか。
数で攻めたが弱いかな。

 

 

 

<巨女>
   恐怖度:★★★
 インパクト:★★★★
分かりやすさ:★★★
  不気味さ:★★
 エピソード:★★
男女数名でコテージ風の旅館に泊まり、そこで撮影した映像。
スパークリングして遊んでいると映像にノイズが入り、パーティションの上から女性がこちらを睨んでいる。
パーティションの高さは2m以上のため、この女の身長は2.5mぐらいあると思われる。
デカさ故のインパクトはあるけど、パート26「セミナー・キャンプ」の下位互換かな。

 

 

 

アメリカの友人>
   恐怖度:★★★★
 インパクト:★★★★★
分かりやすさ:★★★★★
  不気味さ:★★★★
 エピソード:★★★★
本作の実質メイン。
アメリカに留学した友人とビデオチャットしている映像。
友人の背後に何かが横切ったように見えたため、とっさに録画したという。
その後も事象が続き、ついには友人が消え、現在も行方不明だという。

 

という訳でその映像。
投稿者が指摘した直後のため、友人は笑っていながらもどこか戸惑っている。
すると、何かを叩くような音が響き始める!
友人の方から鳴っているが、本人は気づいていない様子。
しばらくすると音が止んだが、今度は画面が白黒になり、友人の右肩から手が伸びる!!
そして、胸にかかった辺りで友人ごと消えてしまう!!!
今度はリアルタイムで消える瞬間を捉えるとは・・・今回のインパクト半端ねぇな。

 

この件について、編集スタッフの庄司は心当たりがあった。
友人との飲み会の際に、アメリカで神隠しが起きる学生寮があるという噂があり、その現場に立ち会った人がいたという。
という訳でインタビューすると、上の階からドスドスと騒音が鳴り、叫び声と窓ガラスが割れる音がしたので向かってみると、その部屋の学生がいなくなってたという。
どうもその学生寮には悪魔が住み着いていて、数年に1回神隠しが起きているとか。
そしてその寮は、消えてしまった友人と同じ寮だった。
後半は色々と都合良すぎな気もするが、ほん呪では珍しい、海外の都市伝説をテーマにしたインパクト抜群の良エピソード。

 

 

 

<シリーズ監視カメラ 残像霊>
   恐怖度:★★
 インパクト:★★★
分かりやすさ:★★★★
  不気味さ:★★★
 エピソード:★★★
キャバクラの1角に設置された監視カメラの映像。
このキャバクラは経営不振により今はないという。
客が帰るために立ち上がり、嬢も一緒に立ち上がると、左にいる嬢の足元だけが残像のように残り、しばらくして消える。
残った足は微妙に動いていて、消える際も立ち上がるような挙動をしているのがリアル。
このような事象は、霊が悪意を持ってイタズラしていることが多いという。
そして、この嬢は仕事を辞め、1年後に病死したという。
斬新かつ全体的にバランスの良い良エピソード。

 

 

 

<出生祝い>
   恐怖度:★★
 インパクト:★★★
分かりやすさ:★★★★
  不気味さ:★★
 エピソード:★★
20年以上前に撮影された出生祝いの映像。
祝詞を読む神主と、それを神前で聴く投稿者家族を撮影していると、投稿者家族の背後に半透明の着物を着た女が現れ、正座する様子が映っている。
また、この神社は火事により全焼したという。
児玉演出にしては雑コラ感の強い映像。

 

 

 

<パントマイム>
   恐怖度:★★
 インパクト:★★★
分かりやすさ:★★★★★
  不気味さ:★
 エピソード:★★
近くの公園で、パントマイムを撮影した映像。
撮影時に事象が起き、カメラが壊れたことにして撮影を止めたらしい。
その後も、パントマイムをしていた友人に白いものが憑いているように見え、その後連絡がつかなくなったという。
という訳でその公園について調べると、10年以上前にホームレスが睡眠薬で眠り、そのまま凍死していたぐらいで有力情報はなく、これで打ち切りと思われた。

 

しかし、投稿者から追加情報があった。
友人の父は女を作って逃げ、いつの間にか都内でホームレスになり、自殺したように野垂れ死んだという。
決定的な証拠はないが、状況的に友人の父親なのかもしれない。

 

肝心の映像は、友人がパントマイムをしていると、音声は正常だが映像がフリーズし、それが直ると画面右奥に白い人影が現れる。
不気味と言いたいところだが、変な踊りをしているようにしか見えなくて滑稽。
恒例の締めが入るが、エピソードがそもそも確証無いためイマイチ。

 

 

 

<総評>
★★★★★★★☆☆☆
今回はなんと言っても、「クラシックバレエ」と「アメリカの友人」のインパクトに尽きる。
今までの霊障と言えば、後に原因不明の病気になったり精神に異常をきたすケースがほとんどだが、直接襲いかかり、さらに消してしまうという危険なエピソードが2つも登場するとは思わなかった。
一方で、全体的に粗が目立つ。
まぁ児玉演出は初期から強引な解釈をすることが多いけど、もうちょっとピースが繋がってほしいところ。

 

今回で児玉演出作品はラスト。
19作もの間、コンスタントに名作を生み出し続けたことに感謝します。